ブログ

おでんにも地域差がある?関東のおでんと関西の京風おでん | 京町恋しぐれ 新宿

2017.09.11
こんにちは、京町恋しぐれPR担当です。

 

まだまだ残暑が残る季節ではありますが、身体は徐々に秋から冬にかけての食べ物を欲していることでしょう。これからの季節、どんどんおでんがおいしくなっていきます。そんなおでんですが、地域によっていろいろな違いがあることをご存知ですか?今回は、関東風のおでんと関西の京風おでんについてご紹介したいと思います。

 

関東風のおでんとは


東京などでよく食べることができるおでんは、関東風のおでんであり、ほかの地域とはまた違った味わいです。関東のおでんでは、かつおだしでしっかりと出汁を撮って、濃い口しょうゆで味付けをしていきます。関東では、ちくわぶやはんぺん、つみれ、すじなどが人気であり、こちらの具材も関東特有の具材です。すじというのは、牛すじではなく、魚のすり身に軟骨を加えたもののことを言います。

 

京風のおでんとはどのようなものか




一方で、京風のおでんは関東風と違った出汁を使用しています。一般的に京風と同じ関西風のおでんは、カツオ出汁に加えて、昆布で出汁をとります。そして、濃い口しょうゆではなく薄口しょうゆを使って味付けをするので、色合いがきれいいなるのが特徴です。この色合いによって、素材の色をそのままにしておいしく味付けができるのです。また、京風おでんでは、京都で一般的に使われるような京野菜がおでんの具材として使用されているのが特徴です。また、すじも人気ですが、関東でいうすじではなく、こちら牛すじが入っているのが特徴です。

 

盛り合わせでもバラでも




当店では京風おでんをご用意しています。盛り合わせはもちろんのこと、単品でも注文が可能です。しっかり味付けされて、ホロホロに煮込まれている京風おでんは絶品です。ぜひ一度ご賞味ください。

 

京町恋しぐれ新宿店は、JR新宿駅から徒歩2分。

京町の街並み広がるノスタルジックな店内でお迎えする

都会の癒し和食居酒屋です。

その風情あるお洒落な店内はまさに大人の隠れ家。

五感を刺激する京町家の魅力、どこか懐かしい雰囲気の個室で

有名銘柄焼酎をお楽しみ頂けます。

心温まる優しい京風のお料理を堪能できます。

ご宴会にお薦めのプラン、

女子会や仲間との飲み会で楽しめるお料理もございます。

誕生日や記念日にもぴったりのプランもご用意しております。

季節限定のイベントも開催しておりますので、ぜひお立ち寄り下さいませ。

ご要望・ご質問等ありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

電話番号050-7302-4589

Twitterはこちら

Instagramはこちら

Facebookはこちら

以上、京町恋しぐれPR担当でした。

京町恋しぐれ新宿 本館のご案内-新宿個室居酒屋-

店舗名 京町恋しぐれ新宿 本館
住所 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-27-10 武蔵野会館6F
アクセス JR 新宿駅 徒歩2分
電話番号 050-7302-4589
営業時間 ≪月・日≫
17:00~23:00(LO 22:00)

≪火≫
17:00~23:30(LO 22:30)

≪水~土・祝前日≫
17:00~翌4:00(LO 翌3:00)

※年末年始の営業日・営業時間は変わる事がございますので詳細は店舗までお問 い合わせ下さい。
定休日