ブログ

おばんざいってどんな料理? | 京町恋しぐれ 新宿

2017.12.8
こんにちは、京町恋しぐれPR担当です。

 

12月に入ってからますます寒さが厳しくなってきましたね。こんな季節は京町恋しぐれで温まりませんか。

京風の料理を出すお店でよく見かける「おばんざい」というのはどんな料理かご存じでしょうか?今回は、「おばんざい」の意味を解説するとともに、当店京町恋しぐれ 新宿 ‐本館‐のおばんざいメニューを紹介させていただきます。


「おばんざい」ってどういう意味?


おばんざいは漢字で書くと「お番菜」や「お万菜」になるのですが、昔から京都の一般家庭で作られてきた惣菜の意味で使われています。素材として野菜や豆類、海藻や魚介が使われることが多く、当時は肉料理は贅沢品だったようです。居酒屋などでは出来上がった料理を大きな盆に乗せておいて、注文があればすぐに出せるメニューとしてもよく出されています。そのため、冷めても美味しいお料理や保存が効くこともおばんざいの特徴といえます。



当店のおばんざいメニュー!


京都ではポピュラーなお料理のおばんざいを当店では宴会コースや単品メニューで提供しております。12月の宴会コースでは【前菜】の「京町のおもてなし おばんざい五種盛」であれば「つぶ貝の旨煮」、「合鴨生ハム」、「法蓮草白和え」、「南瓜クリームチーズ」、「鱧の有馬煮」という色とりどりでお酒に合うお料理をお出ししています。また、単品メニューでは「おばんざい 三種盛り合わせ」や「おばんざい 五種盛り合わせ」の盛り合わせメニューの他にも「里芋のそぼろ餡」や「黒枝豆のお浸し」といった気の利いたお料理をおばんざいとして楽しんでいただいております。



いかがでしたでしょうか?当店ではおばんざいメニューの他にも肉料理やお刺身など、京の息吹を感じられる洒落たお料理を味わっていただけます。お酒も京都のものにこだわっておりますので相性もバッチリです。スタッフ一同皆さまのお越しをお待ちしております。

 

 

京町恋しぐれ新宿店は、JR新宿駅から徒歩2分。

京町の街並み広がるノスタルジックな店内でお迎えする

都会の癒し和食居酒屋です。

その風情あるお洒落な店内はまさに大人の隠れ家。

五感を刺激する京町家の魅力、どこか懐かしい雰囲気の個室で

有名銘柄焼酎をお楽しみ頂けます。

心温まる優しい京風のお料理を堪能できます。

ご宴会にお薦めのプラン、

女子会や仲間との飲み会で楽しめるお料理もございます。

誕生日や記念日にもぴったりのプランもご用意しております。

季節限定のイベントも開催しておりますので、ぜひお立ち寄り下さいませ。

ご要望・ご質問等ありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

電話番号050-7302-4589

Twitterはこちら

Instagramはこちら

Facebookはこちら

Google+はこちら

以上、京町恋しぐれPR担当でした。

京町恋しぐれ新宿 本館のご案内-新宿個室居酒屋-

店舗名 京町恋しぐれ新宿 本館
住所 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-27-10 武蔵野会館6F
アクセス JR 新宿駅 徒歩2分
電話番号 050-7302-4589
営業時間 ≪月・日≫
17:00~23:00(LO 22:00)

≪火≫
17:00~23:30(LO 22:30)

≪水~土・祝前日≫
17:00~翌4:00(LO 翌3:00)

※年末年始の営業日・営業時間は変わる事がございますので詳細は店舗までお問 い合わせ下さい。
定休日