ブログ

レトロとノスタルジックの違いって?意外と知らない言葉の違い

2017.11.7
こんにちは、

京町家の街並みが広がるノスタルジックな空間で本格和食を


をモットーにしたお店、京町恋しぐれ新宿本館です。

突然ですが”レトロ”と”ノスタルジック”の使い別けについて気になったことはないでしょうか。

どちらも古い、懐かしい、昭和っぽいなどというイメージではないでしょうか?

今回はそんなあいまいな日本語を徹底解析してみたいと思います!
目次

1レトロとは

2ノスタルジックとは

3結論

 

 

レトロとは




 

レトロを辞書で引くと、
復古調、懐古的。ある時代の様式をまねたさま。(広辞苑)

レトロスペクティブ(retrospective)の略。回顧的な。懐旧の。昔風の。(現代カタカナ語辞典)

復古調であること。また、そのさま。(コトバンク)

と載っています。

 

復古とは昔に帰すこと、過去に戻ることを意味するため、全体的に過去を顧みる、という意味合いが強いことがうかがえます。
ちなみに、retroは後方へ、過去へ、という意味を持つ接頭語として使われるそうです。

 

ノスタルジックとは


「ノスタルジ フリー」の画像検索結果

それに対し、ノスタルジックは

故郷を懐かしみ、恋しがるさま。(広辞苑)

異郷にあって離れた故郷を懐かしむさま。過ぎ去った昔を懐かしむ気持ち。(明鏡国語辞典)

郷愁を感じるさま。また、感じさせるさま。(コトバンク)

郷愁の。思い出の。(現代カタカナ語辞典)

と載っています。

 

また、ノスタルジックの語源、ノスタルジアの類義語を調べるとホームシック、懐郷などが提示されます。

ただ古い、というよりも昔を懐かしむ、という気持ちの面が強く表れていると言えるのかもしれません。

加えて、自分の思い出との結びつきで過去を顧みる、といった要素もありそうですね。

 


結論


「京都 フリー」の画像検索結果

レトロは時代のタイムスリップ。

ノスタルジックは自分の過去へのタイムスリップ。

このように定義づけることができるのかもしれません。

 

当店には昔を思い出すような面白い仕掛けがたくさんございます。

ぜひ時代の、過去への、タイムスリップをお楽しみください。

 

京町恋しぐれ新宿店は、JR新宿駅から徒歩2分。

京町の街並み広がるノスタルジックな店内でお迎えする

都会の癒し和食居酒屋です。

その風情あるお洒落な店内はまさに大人の隠れ家。

五感を刺激する京町家の魅力、どこか懐かしい雰囲気の個室で

有名銘柄焼酎をお楽しみ頂けます。

心温まる優しい京風のお料理を堪能できます。

ご宴会にお薦めのプラン、

女子会や仲間との飲み会で楽しめるお料理もございます。

誕生日や記念日にもぴったりのプランもご用意しております。

季節限定のイベントも開催しておりますので、ぜひお立ち寄り下さいませ。

ご要望・ご質問等ありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

電話番号050-7302-4589

Twitterはこちら

Instagramはこちら

Facebookはこちら

Google+はこちら

以上、京町恋しぐれPR担当でした。

京町恋しぐれ新宿 本館のご案内-新宿個室居酒屋-

店舗名 京町恋しぐれ新宿 本館
住所 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-27-10 武蔵野会館6F
アクセス JR 新宿駅 徒歩2分
電話番号 050-7302-4589
営業時間 ≪月・日≫
17:00~23:00(LO 22:00)

≪火≫
17:00~23:30(LO 22:30)

≪水~土・祝前日≫
17:00~翌4:00(LO 翌3:00)

※年末年始の営業日・営業時間は変わる事がございますので詳細は店舗までお問 い合わせ下さい。
定休日