ブログ

定番カクテル面白話 お酒はおしゃれで奥深い  | 京町恋しぐれ 新宿

2018.02.9
こんにちは、京町恋しぐれPR担当です。

 

今日まで続く価値


我々の愛する京都がそうである様に、古い物には色々な背景があります。
長い歴史の中を多くの国々で愛され続け、「定番もの」となったカクテルには重い価値があります。

その価値は、おしゃれな外見や美味しさだけではありません。それが作られた背景もまた、魅力あるものなのです。

 

その背景


当店で常備されている定番カクテルの中から、面白いエピソードを持つものをピックアップしました。

●「ジントニック」
マラリア治療の水薬を飲みやすくするために、ジンを入れたものが始まりだとか。

●「ボストンクーラー 」
ボストン生まれ。その中でもアイスクリーム屋が連なっている通りで考案されたから「クーラー」。

●「キューバリブレ」
キューバ独立戦争中に考案。
映画「カクテル」で主人公が客にレシピを教えられ、「それってラムコークだろ!」とキレるシーンあり。

●「スクリュードライバー」
アメリカ人の油田技師が考案。「ネジ回し」の意味。カクテルには工具の名前で呼ばれる物が沢山あります。
バブルの頃は、レディキラー(女性を酔わせてしまうための酒)の代名詞でした。

●「モスコミュール」
経営難のジュース会社が、酒造会社や食器製造会社とのコラボイベントで考案……別の説も。

●「テキーラサンライズ」
ミック・ジャガーが愛飲し世界に広まる。私も愛飲。

 

歴史の長い物同士


静かな雰囲気と淡い照明。新宿に古都を持ち込んだ個室居酒屋である当店の内装は、先人達の築いたカクテルにもしっくり来そうです。





そして当店生まれの、おしゃれな姉妹、オリジナルカクテル達も御愛顧のほどを。



 



 



 

京町恋しぐれ新宿店は、JR新宿駅から徒歩2分。

京町の街並み広がるノスタルジックな店内でお迎えする

都会の癒し和食居酒屋です。

五感を刺激する京町家の魅力、どこか懐かしい雰囲気の個室で

有名銘柄焼酎をお楽しみ頂けます。

心温まる優しい京風のお料理を堪能できます。

ご宴会にお薦めのプラン、

女子会や仲間との飲み会で楽しめるお料理もございます。

誕生日や記念日にもぴったりのプランもご用意しております。

季節限定のイベントも開催しておりますので、ぜひお立ち寄り下さいませ。

ご要望・ご質問等ありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

Twitterはこちら

Instagramはこちら

Facebookはこちら

電話番号050-7302-4589

以上、京町恋しぐれPR担当でした。

※記事中では一部著作権フリーの画像を使用している場合がございます。

京町恋しぐれ新宿 本館のご案内-新宿個室居酒屋-

店舗名 京町恋しぐれ新宿 本館
住所 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-27-10 武蔵野会館6F
アクセス JR 新宿駅 徒歩2分
電話番号 050-7302-4589
営業時間 ≪月・日≫
17:00~23:00(LO 22:00)

≪火≫
17:00~23:30(LO 22:30)

≪水~土・祝前日≫
17:00~翌4:00(LO 翌3:00)

※年末年始の営業日・営業時間は変わる事がございますので詳細は店舗までお問 い合わせ下さい。
定休日