ブログ

キンキンに冷えた京都の地ビール「蔵のかおり」に合わせたい逸品 | 京町恋しぐれ 新宿

2019.07.26
こんにちは、京町恋しぐれPR担当です。

仕事終わり、キンキンに冷えたビールが恋しくなる季節になってきました。ビールといえばここ数年、クラフトビールはブームを超えて定番の人気を獲得しています。

クラフトビールは小規模の醸造所で作られた、ビール職人の個性や思いが込められたビールです。大規模な工場で作られるビールとは一味もふた味も違う、職人のこだわりが感じられます。

 

京都の地ビール「蔵のかおり」




京都にももちろん「蔵のかおり」という地ビールがございます。ビール酵母になんと清酒酵母を、ビールの味の決めてとなる水には京都の伏水を使用した京都らしいこだわりの地ビールです。清酒酵母を使用しているためか、日本酒のほんのりとした甘みとフルーティーな香りが特徴です。アルコール度数も4%とおさえめなので、女性でも飲みやすくおすすめです。

当店にお越しの際には、ぜひご堪能ください。

 

京都のお酒には京都の食材を




ワインのマリアージュでも、「料理とお酒の産地をあわせる」という法則があるように、京都の地ビール「蔵のかおり」にも、ぜひ京都の食材をあわせていただくのがおすすめなお召し上がり方です。

「九条葱と牛もつ鉄板焼き」は、ビールとの相性も抜群!京都産の九条葱の甘みと、日本酒の甘みを感じる「蔵のかおり」とがマッチして、まさにほっぺたが落ちそうな美味しさです。

唐辛子のピリ辛が今の季節にもピッタリ。食欲もビールもどちらも進む一品です。

 

〆も京都めしの「ぶぶ漬け」で




せっかく京都の地ビールを堪能したあとは、やっぱり京都めしで〆たいですね。おすすめは「京町ぶぶ漬け」。京都ではおお茶漬けのことを「ぶぶ漬け」と呼びます。京都で「ぶぶ漬けでもどうどす?」と言われたらそれは帰ってほしいサイン、とよく言われますが、現代ではなかなかそんなことはないそうですね。ぶぶ漬けを、じっくり味わってください。

京漬物と一緒にお召し上がりいただくぶぶ漬けはあっさりとしていて、まさにお酒の〆にぴったりです。

 

京町恋しぐれ新宿店は、JR新宿駅から徒歩2分。

京町の街並み広がるノスタルジックな店内でお迎えする都会の癒し和食居酒屋です。

五感を刺激する京町家の魅力、どこか懐かしい雰囲気の個室で有名銘柄焼酎をお楽しみいただけます。

心温まる優しい京風のお料理を堪能できます。

ご宴会におすすめのプラン、女子会や、仲間との飲み会で楽しめるお料理もございます。

誕生日や記念日にもぴったりのプランもご用意しております。

季節限定のイベントも開催しておりますので、ぜひお立ち寄りくださいませ。
皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

ご要望・ご質問等ありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

Twitterはこちら

Instagramはこちら

電話番号:050-7302-4589

以上、京町恋しぐれPR担当でした。

※記事中では一部著作権フリーの画像を使用している場合がございます。
※記載している内容、コース構成、金額等、実際と異なる場合もございます。詳細は、予約時にご確認ください。

京町恋しぐれ新宿 本館のご案内-新宿個室居酒屋-

店舗名 京町恋しぐれ新宿 本館
住所 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-27-10 武蔵野会館6F
アクセス JR 新宿駅 徒歩2分
電話番号 050-7302-4589
営業時間 ≪月・日≫
17:00~23:00(LO 22:00)

≪火≫
17:00~23:30(LO 22:30)

≪水~土・祝前日≫
17:00~翌4:00(LO 翌3:00)

※年末年始の営業日・営業時間は変わる事がございますので詳細は店舗までお問 い合わせ下さい。
定休日