ブログ

京都伏見の歴史ある酒蔵の日本酒をご堪能ください | 京町恋しぐれ 新宿

2019.08.14
こんにちは、京町恋しぐれPR担当です。

日本の三大酒どころと言われているのはどこか、ご存知でしょうか。兵庫の「灘」、広島の「西条」、そして京都の「伏見」です。伏見は昔は「伏水」と記されており、澄み切ったおいしい水どころとしても有名です。

豊臣秀吉も伏見に「伏見城」を築きました。秀吉が宇治川などの伏見一帯の治水工事をおこなったことが、伏見の発展に繋がります。伏見が酒処として有名になったのも秀吉時代からだと言われています。

茶会が好きだった秀吉は、伏見城下の井戸水で茶会をした、という逸話もあります。そんな秀吉も愛した伏見の水は中硬度のミネラル水で、カリウム、リンが適度に含まれており、まさに酒造りには最適な水だそう。

そんな伏見の水で作られた京都のお酒はまろやかな口当たりが特徴です。



 

米も酵母も京都産の「富翁 純米吟醸 祝」


そんな酒処伏見の歴史ある酒蔵の1つ「北川本家」は、江戸時代に創業、350年以上もの歴史を誇ります。その北川本家の「富翁 純米吟醸 祝」は、日本酒を作るために作られた京都の酒米「祝」と、京都で開発された酵母「京の琴」、そして伏水を使用した、まさに純京都産の日本酒です。

京都のお酒らしい、まろやかな口当たりとしっかりとしたお米の味と香りが特徴です。

 

純米酒へのこだわり 招徳酒造の「花洛」




創業1645年の「招徳酒造」は、「純米酒こそは清酒本来の姿」と純米酒造りにこだわった酒蔵です。「花洛」シリーズは、京都産のお米100%と伏見の水で作られた純米酒です。中でも純米大吟醸は、全米日本酒歓評会で銀賞を取った、海外からも評価を得ている日本酒です。純米大吟醸は、精米歩合50%以下の米を使用しており、低温貯蔵で時間をかけて発酵させるため、「吟醸香」と呼ばれる大吟醸独特のフルーティーな香りとすっきりとした味わいが特徴です。

ぜひ当店にお越しの際には、日本が誇る酒どころ、京都の日本酒をお楽しみください。

 

京町恋しぐれ新宿店は、JR新宿駅から徒歩2分。

京町の街並み広がるノスタルジックな店内でお迎えする都会の癒し和食居酒屋です。五感を刺激する京町家の魅力、どこか懐かしい雰囲気の個室で有名銘柄焼酎をお楽しみいただけます。心温まる優しい京風のお料理を堪能できます。

ご宴会におすすめのプラン、女子会や、仲間との飲み会で楽しめるお料理もございます。誕生日や記念日にもぴったりのプランもご用意しております。季節限定のイベントも開催しておりますので、ぜひお立ち寄りくださいませ。

皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

ご要望・ご質問等ありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

Instagramはこちら

電話番号:050-7302-4589

以上、京町恋しぐれPR担当でした。

※記事中では一部著作権フリーの画像を使用している場合がございます。
※記載している内容、コース構成、金額等、実際と異なる場合もございます。詳細は、予約時にご確認ください。

京町恋しぐれ新宿 本館のご案内-新宿個室居酒屋-

店舗名 京町恋しぐれ新宿 本館
住所 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-27-10 武蔵野会館6F
アクセス JR 新宿駅 徒歩2分
電話番号 050-7302-4589
営業時間 【月・日・祝】
17:00~23:00(L.O.22:00)

【火~木】
17:00~23:30(L.O.22:30)

【金・土・祝前】
17:00~28:00(L.O.27:00)

※年末年始の営業日・営業時間は変わる事がございますので詳細は店舗までお問 い合わせ下さい。
定休日