【画像まとめ】瀬下豊の若い頃はイケメンヤンキーだった!

週刊誌報道で女性スキャンダルが明らかになったお笑いコンビ「天竺鼠」の瀬下豊さんは4月に芸能界活動を休止発表後、2022年6月21日、都内で開催されるお笑いライブ「かま天マーケット」に出演し芸能活動を再開することを発表されました。

そんなお騒がせの瀬下豊さんですが、若い頃がイケメンヤンキーだったと言われています。

画像を集めてみたので、ヤンキーエピソードと合わせて紹介します。

スポンサーリンク
目次

瀬下豊プロフィール

生年月日:1979年7月29日

出身地:鹿児島県鹿屋市

血液型:A型

身長:177cm

高校時代は野球部に所属しており、趣味はゴルフやマリンスポーツなど。

2007年、一般女性と結婚(デキ婚)長男、長女が生まれInstagramなどで、良きパパをアピールした投稿が多い。

2022年3月「週刊文春」にて20歳代女性との不倫を報道され、本人も不倫を認め謝罪、その後再び、別の女性との不倫や妊娠中絶の要求や暴力などについて報じられるが、一部の内容は否定されているようです。

瀬下豊若い頃のイケメンヤンキー画像まとめ

高校1年生の頃の写真、筋肉がやばいですね。

19歳の時の証明写真の画像、イケメンですが証明写真でこれ使うのか?って思いませんか。

相方川原が暴露したヤンキーエピソード3つを紹介

「暴走族を潰す喧嘩チーム」特攻隊長だった

瀬下豊さんが高校生の時に所属していたヤンキーグループは、「暴走族を潰す喧嘩チーム」だったようです。

喧嘩が好きだったのでしょうね。

蛇行運転をしたり、夜中にエンジンをふかしながら暴走されると、イラッとして「うるせぇなあいつら!何時だと思ってんだ!」と自分のバイクで突撃!

特攻隊長だったというエピソード、暴走族に輪をかけて五月蝿かったのではないでしょうか。

「薩摩の赤鬼」と呼ばれていた

瀬下豊さんは、何せ喧嘩がしたくて堪らなくファミレスで席につくなり他のテーブルの客を睨み、目が合うと喧嘩をふっかけていたそうです。

これは、相手もやや迷惑な話かなと思いますね。

喧嘩が強くなりすぎて、とうとう鹿児島でも有名なヤンキーとして「薩摩の赤鬼」と呼ばれるまでになったそうです。

バイト先に警察がきて「瀬下を探している」

瀬下豊さんが、大阪の木更津市場でバイトをしていた時の頃の話で、ある女性が、強面の男性に無理やり車に乗せられそうになっているのを発見。

バイト先に遅刻しているけども女性が危ないと思い、乗っていた自転車でウィリーして前輪を男性の顔面にぶつけることに成功、そのまま走り去ろうとした瀬下さんに女性が声をかけてきた時に、急いでいたため「〇〇市場の従業員の瀬下です!」と告げて走り去ったそう。

その後しばらくして市場に警察がやってきて「瀬下を探している」と。

みんなは、「とうとうやったな」と勘違いし噂も広まってしまったようで、本人も心当たりのあることが多すぎビクビクしていたそうですが、警察は女性からのお礼の伝言を伝えにきたとのことでした。

まとめ

天竺鼠の瀬下豊さんの若い頃のイケメンヤンキー画像と、ヤンキーエピソードをまとめてみました。

週刊誌で報道されていることが全て事実でないことを願います。

奥さんや、子供たちに謝罪して許してもらったんでしょうね。

今後は家族のために頑張って欲しいと思います。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる