【画像】佐野史郎の1人娘の名前は佐野八雲!職業は木版画家だった!

佐野史郎さんは2022年5月2日、フジテレビ系「ポップUP!」にVTR出演され多発性骨髄腫の闘病生活について語られ話題になっています。

そんな佐野史郎さんには1人娘の八雲さんがいます。

佐野史郎さんの妻は、女優の石川真希さんですよね。

娘さんの情報は一般人ということでほとんどありませんが、木版画家をされている佐野八雲さんが娘さんであることがわかりました。

1人娘の八雲さんの職業と画像を紹介していきます。

スポンサーリンク
目次

佐野史郎プロフィール

生年月日:1955年3月4日

出身地:島根県松江市

身長:175cm

血液型:B型

佐野史郎さんは、1992年放送のテレビドラマ「ずっとあなたが好きだった」の冬彦さん役を演じてマザコンブームを引き起こし大ブレイクしました。

冬彦さん役の影響から「知的ながらもどこか狂気を宿した演技」の起用が多いですが、正統派演技からコミカルな演技まで幅広く活躍されています。

2021年にTBSドラマ「リコカツ」に出演中に体調を崩し、途中降板されその後、多発性骨髄腫だったことを公表されました。

佐野史郎の1人娘は木版画家の佐野八雲

八雲の名前の由来は小泉八雲?

佐野史郎さんは、生まれ育った松江時代に小泉八雲の怪談話に強く関心を持つようになったそうです。

それ以来、小泉八雲に関する本の執筆やトークショー、テレビ出演するほどの八雲ファンで有名です。

そして、なんと一人娘の名前にも「八雲」をつけてしまわれたとか。

佐野八雲画像まとめ

木版画家

1992年生まれ

東京都出身

多摩美術大学版画科卒業

2016年 舞台「骨風」にて、2018年 「プロヴァンスの庭で」にて、それぞれ舞台美術を担当されています。

”澁澤邸にて新年会。
金子國義が画家として始めて売れた(買って下さった)「花咲く乙女たち」の前で佐野史郎さんファミリーと記念撮影。
「キラキラのおじさん」って金子先生を呼んでピョンピョン跳ねていた八雲ちゃんが、立派なレディーになっていて驚いた!
真希ちゃんとセーターの柄が連結していてユニットみたいで可笑しい。”
金子修さんInstagramより引用

佐野八雲は木版画家として活動

まとめ

佐野史郎さんと、妻石川真希さんとの間には、八雲さんという1人娘がいらっしゃいます。

佐野八雲さんは、木版画家として活動されていました。

佐野史郎さんは、多発性骨髄腫での闘病を経験されたようですがきっと妻の石川真希さんともに娘の八雲さんの存在は大きかったのではないでしょうか。

今後もご家族で力を合わせ支え合いながら活躍し続けて欲しいと思います。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる