遠野なぎこが痩せ過ぎと話題!手の震え原因は摂食障害とアルコール依存症?

2022年6月13日に、遠野なぎこさんが日本テレビ系バラエティ番組「有吉ゼミ2時間SP」に出演され、その痩せた姿に視聴者が驚きを隠せず、ツイッターでトレンド入りしています。

そんな遠野なぎこさんが痩せたのは?手が震えるのは?についてまとめたので紹介していきます。

スポンサーリンク
目次

遠野なぎこプロフィール

本名:青木秋美

生年月日:1979年11月22日

出身地:神奈川県川崎市

血液型:O型

子役として幼い頃から芸能界で活動されていたが、幼少期から母親からの虐待を受けていた過去があります。

中学校時代にイジメにあい、16歳の時に出演したドラマ「未成年」をきっかけに人格崩壊が起こったと話されています。

番組内で、唐辛子をサラダにかけ過ぎたり、休日にはお酒をほぼ1日中飲んでいたりと番組取材で人間ドッグを受けた際は、「余命7年」と診断されたことがあります。

遠野なぎこは摂食障害や強迫観念、アルコール依存症?を患っていた

遠野なぎこさんは、思春期に太ってしまった時に母親から「吐けば痩せる」と言われたことをきっかけに現在も摂食障害に悩まされていると話していました。

バラエティ番組に出演するようになってからは安定した時期もあったようです。

激太りと激痩せを繰り返すのは、摂食障害の影響があるのかもしれません。

また休日には1日中お酒を飲まれるようです。

ご自身ではアルコール依存症ではないと公言されていますが、アルコール依存症は否認の病気とも言われており少し心配になりますね。

遠野なぎこの壮絶な人生

遠野なぎこは幼い頃から母親から虐待を受けていた

幼少期は、母親からの虐待を受けていたそうです。

  • 鼻血が出るまで殴る蹴るの暴力を受ける
  • 母親が交際相手の男性の元に行き1週間放置された
  • 母親から、容姿に関する悪口を言われた

現在でも、育児放棄などの親からの虐待に関するニュースを見かけると胸が痛くなりますが、遠野なぎこさんも辛い思いをされていたんですね。

中学時代はいじめにあっていた

人気子役だったことから小学校〜中学時代にいじめられていたそうです。

  • 石を投げられる
  • ブス、死ねなどの言葉の暴力を受ける

遠野なぎこさんはイジメから逃げるために学校をサボり、多摩川の河川敷で時間を過ごした経験があるそうです。

壮絶な思春期を過ごしていたんですね。

2度の結婚と離婚

1度目の結婚は、2009年5月に交際半年で年下の会社員の男性と結婚されますが72日間で離婚。

2度目の結婚は、2014年5月にバー経営者で元プロボクサーと交際わずか2ヶ月で結婚し55日間でのスピード離婚をされています。

まとめ

遠野なぎこさんは、幼少期に母親から虐待を受けるなど壮絶な人生を過ごされてきたようです。

摂食障害を患っており、激太りや激痩せを繰り返しているようですね。

痩せたことや手の震えに関しては、噂に出ているアルコールの問題が影響しているようにも思えますが、ご本人がブログ内でも「アルコール依存症と診断されたことがない」と断言されていますのでそうなのでしょう。

最近可愛がっていた愛猫の死なども精神面に影響を及ぼしているのかもしれないですね。

それでも、芸能界で活動を続けている遠野なぎこさんは本当は強い人なのかもしれないですね。

健康第一に今後もお仕事を無理せず続けて活躍して欲しいと思います。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる