浅野ゆう子の父は大物政治家の噂はデマだった?その理由3つを紹介!

2022年6月4日に、自治相(現総務相)や国家公安委員長、民主党の副代表などを務めた石井一さんが東京都内で倒れ、搬送先の病院で亡くなられました。

石井一さんは、冤罪(えんざい)事件の裁判の証人やハイジャック事件の交渉役など、大きな事件の節目で重要な役割を果たし大物政治家として活躍されていました。

そんな石井一さんが浅野ゆう子さんの実の父親ではないかという噂がありますが、その噂はデマではないかとも言われています。

その理由について3つ紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
目次

浅野ゆう子プロフィール

本名:赤沢裕子

生年月日:1960年7月9日

出生地:兵庫県東灘区

身長:167cm

血液型:AB型

浅野ゆう子さんは、中学生の時にTBS系列で放送された「歌う新人王決定戦」にて優勝し、アイドル歌手としてデビューされます。

1980年代にはスタイルの良さを強調し水着キャンペーンモデルとして活躍し、1998年にドラマ「君の瞳をタイホする!」でヒロインに抜擢され、トレンディドラマの女王としてブレイクされました。

2017年に、一般人の男性と結婚されています。

浅野ゆう子の父親は大物政治家の石井一?

浅野ゆう子と検索すると、石井一さんの名前が浮上します。

どういうことなのか調べてみると、浅野ゆう子さんの父親が石井一さんであるという噂に辿り着きました。

Twitterでの情報をまとめてみたので紹介します。

浅野ゆう子の父親が大物政治家の噂がデマだと考えられる理由3つ

浅野ゆう子の出生年月日が1960年で3歳に両親が離婚

浅野ゆう子さんが生まれた時に、父親は新しい女性を連れて産婦人科に離婚話を持ってきたそうです。

浅野ゆう子さんが3歳になるときに離婚をされています。

一方の石井一さんは、1960年に大学の同級生だった知子さんと結婚しているので、重複結婚していたことになりますよね。

なので、石井一さんが浅野ゆう子さんの父親という噂はデマだということになります。

浅野ゆう子の母親は高級料亭の専属芸者だった

浅野ゆう子さんの母親は、神戸界隈にあった高級料亭「上伊」の専属芸者で、時の実力者竹下登さんのお気にいりだったそうです。

噂によると、竹下登さんが石井一さんに身請けさせ、家を建てて店を持たせるように指示をしたとかで、当時1億以上を預けたと言われています。

自分のお気に入りの芸者さんだとしたら、自分の手元に置いておきたいと思うのが男心ではないのでしょうか。

石井一は2022年6月に逝去

民主党元副代表で自治大臣などを歴任した石井一元議員が6月4日に87歳で亡くなられたとニュースが入ってきました。

石井一さんのプロフィールを見ても、結婚歴は1回しかありません。

浅野ゆう子さんが娘であるという事実の記載は見当たりませんでした。

まとめ

浅野ゆう子さんの父親については、事実の情報が見つかりませんでした。

噂では、大物政治家の石井一さんではないかと言われていますが、石井一さんが結婚した年と、浅野ゆう子さんの両親が離婚した年に食い違いが生じているので、おそらくは噂はデマではないかと思われます。

真実を知るのは母親だけではないでしょうか。

90歳近くになる母親もいまさら公表はしないでしょう。

浅野ゆう子さんの生い立ちや人生も波瀾万丈のようで、現在は結婚されのんびりと余生を楽しみたいとおもわれているのでしょう。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる