【動画あり】阪神高速での煽り運転がヤバすぎると話題に!

車系YouTuberの「まさるTV車チャンネル」が10月30日、阪神高速道路上で煽り運転され矯正停止させられる様子を撮ったドライブレコーダーの映像を公開し話題になっています。

どんな動画だったのか情報うをまとめました。

スポンサーリンク
目次

【動画】阪神高速上での矯正停止はヤバすぎる!

高速道路での強制停止が恐怖すぎる

大阪市内の阪神高速を走行中の映像。合流ポイントの近く、三車線の中央線を走行していたまさるが前方のトラックを追い抜くために右に車線変更したところ、猛スピードの白いスバル・WRXが右側の合流車線に現れ、まさるの車を追い抜いて前に入ります。

白い車は急ブレーキで減速。まさるが左に避けようとすると、進路を塞ぐように左に車線変更し、中央車線で完全に停車します。これにはまさるも停車せざるを得ません。すると白い車から男性が出てきて、まさるの車にゆっくりと近づくと、運転席の窓をノック。苛立った様子で「どういうつもりかな?」と話しかけてきました。

まさるが窓を少し開けると、男性はそこに指を挟み「もうちょっと下げ」と言って、腕の力で強引に窓を下げました。その後、男性は「気ぃつけはったほうがええんじゃないの!?」と言い放つと、自分の車に戻って走り去っていきました。

阪神高速合流地点

ヤフコメの書き込みで次のようなコメントを見つけました。

阿波座のところか?ここは3号神戸線、16号大阪港線の合流部で、よく大阪港線からの車が合流してすぐ右の神戸線から来るほうに寄る車が多く、事故も当然多いし、譲る譲らないもあるけど、大阪港線からの車が結構強引に右に寄ってくることがあるから、気の短い人はやりがちかも?ただ即阿波座の出口が一番右車線にあるから、なんとも言えない。また神戸線からの車も池田や守口線に行くには真っすぐ行って1周してくるか、ここから2kmほどの間で左に寄って環状線に入るから、いざこざみたいなのはあるのかなぁ?自分は見たことはないけど。とにかく先へ行きたい気持ちを優先し、強引に割り込む車が多いのも確か。

反対車線に阿波座出口の標識が見えたので間違いなさそうですね。

阪神高速は普段から交通量の多いところで、慣れていないとハンドル持つ手が汗ばんでしまいます。

多少の鈍臭さは、後続車からクラクションを叩かれる程度ですみますが、動画を見ていると、当事者の車はレクサスで運転も上手そう。

どんなトラブルがあったのか、相手側のドラレコも見てみたいですね。

まさるの車はレクサス

動画配信者の「まさる」が運転する車はレクサスのようですね。

YouTuberとして活動されているようで、動画が上げられています。

シートの色からして同じタイプの車だと思われます。

加速もスムーズそうですね。

SNSで炎上か?

この動画について、被害者を擁護する意見と、被害者の方が危険運転を先にしたのでは?と炎上しているようです。

その内容をまとめてみました。

「気ぃつけはったほうがええんじゃないの」と言い放ったスバルの運転手さんの言葉に注目が集まったようです。

擁護する意見まとめ

https://twitter.com/iiiii_lllii/status/1587233397575147521?s=20&t=2CYj1EaLikPLaUI3LS4_NQ
https://twitter.com/g9RZoNjytfYLVDp/status/1587331678397435906?s=20&t=2CYj1EaLikPLaUI3LS4_NQ

避難する意見まとめ

元ネタの動画を見ると・・・被害者の前方のトラックを抜こうと車線変更。しかし、後ろのWRXがすでに車線変更しており、加速もしている。にもかかわらず、強引に車線変更をしたことによる危険運転が原因である。

高速あるあるで、自分が抜こうとしたときに、後ろの車も同時に車線変更してきたパターン。といっても、動画を見る限り、同時じゃなくて、後ろのWRXの方が、明らかに先に車線変更してるんだよね。 つまり被害者の車が、後ろも確認せずに、しかも、車線変更時にそれに気が付かず、普通に車線変更しているという、非常に危険な行為をしてると思う。後ろも見ない、横も見ない被害者ドライバーさんが煽られる原因を作ってる。。。 まあ、後ろのWRXも相手が動いてくるかも?って、思って運転しなきゃいけないと思いますけどね。

スポンサーリンク

まとめ

高速道路での停止は、本当に危険な行為で自分達だけでなく周囲の人が巻き込まれる恐れもあります。

車は便利ですが、走る凶器でもあることを忘れてはいけないと思います。

今回の事件によって多重事故が発生しなかったことと、停車した双方に被害がなかったことが本当に良かったと思います。

今日も安全運転を心がけようと思いました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次