安倍晋三と昭恵夫人の馴れ初めは?夫婦仲は円満だった?

安倍昭恵さんは、安倍晋三元総理大臣の妻で色々なスキャンダルで話題になられました。

また、安倍昭恵さんの実家は大手製菓メーカーの「森永製菓」の創業家です。

そんな超お嬢様と政治家の安倍元総理大臣の馴れ初めについて紹介します。

スポンサーリンク
目次

安倍昭恵プロフィール

生年月日:1962年6月10日

出身地:東京都

血液型:O型

最終学歴:立教大学大学院修了

安倍昭恵さんの実家は、大手製菓メーカー「森永製菓」の創業家です。

昭恵さんの曽祖父に当たる森永太一郎氏が、アメリカで西洋菓子の製法を取得し帰国後森永西洋菓子製造所を創業されました。

昭恵さんの祖父森永太平さんは、森永製菓の第3代社長を務められています。

森永太平さんの次女の恵美子さんが、昭恵さんの母親にあたります。

昭恵さんの父親は松崎昭雄さんで森永製菓の第5代社長を努められました。

安倍晋三元総理大臣との馴れ初めまとめ

出会いは上司の紹介

安倍晋三元総理と昭恵さんの出会いは、当時電通に勤めていた昭恵さんの上司の紹介だったようです。

第一印象は良くなかった?

最初の待ち合わせ場所に行く時に、昭恵さんは上司が連れて行ってくれるはずだったのが先に帰宅してしまい待ち合わせ場所に到着するのに迷ってしまい40分近く遅刻をしたそうです。

あまり気乗りしなかったのよね。

ずいぶん待たせるな…

第一印象は悪かったようですが、話が盛り上がり、その後もゴルフや食事に行くようになったそうです。

政治家の嫁は大変という昭恵さんの苦手意識から付き合いも気乗りしないまま時は流れ、3年間の交際を経て1987年6月にゴールインされています。

困難を乗り越え夫婦円満の秘訣「家庭の幸福は妻への降伏」

安倍晋三元総理と昭恵さん夫婦の間には子供がいません。

不妊治療を試みたり、養子をもらうことも検討されたこともあり苦悩したようですが、結局は夫婦2人の人生を選択されたようです。

お互いの窮地には支え合い本当に仲の良い夫婦だったそうです。

昭恵さんは、良かれと思い暴走してしまう傾向があったようで「物事深く考えずに行動してしまうタイプ」のようです。

困っている人を見ると放っておけないタイプというのでしょうか…。

元総理大臣夫人としては、目立ってしまったことも多々あったように思えます。

即位礼正殿の儀に参列した際のミニスカート問題や、森友学園問題の渦中の籠池夫妻とのスリーショット写真問題など…。

まとめ

安倍晋三元総理と昭恵夫人の馴れ初めは、上司の紹介で出会い第一印象は良くなかったが3年の交際を経てゴールインされています。

お互いの窮地を支え合い、子供がいなくてもいろんな苦難を乗り越えてきた仲の良い夫婦だったようです。

2022年7月8日に、安倍晋三元総理大臣が銃撃され死亡するという事件があり、昭恵夫人の心痛は計り知れません。

安倍晋三元総理のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる