東金道路煽り運転犯人の死因とは?理由が闇すぎると噂に!

2022年4月、千葉県の千葉東金道路の下りで、男性が運転する車の通行を妨害する目的で幅寄せや自身が運転する車を相手の車の前に停車させるなどしたとして、千葉県警はすでに死亡した八街市の58歳の男を特定し、被疑者死亡のまま書類送検しました。

この報道があり、死因が明らかにされていないことがいろんな憶測を呼び話題になっているのでまとめてみました。

スポンサーリンク
目次

煽り運転の動画がネットで拡散

煽り運転容疑者の顔と住所が晒される

煽り運転の容疑者の顔と車のナンバーが拡散されたことから、容疑者の近所に住んでいた人が警察に通報し住所が特定できたようです。

氏名は公開されていませんが、住所は千葉県八街市で58歳の男性でした。

警察が逮捕状の準備中に死亡が確認されていたと報じられていました。

死因が闇すぎると噂!ネットで飛び交う憶測の声まとめ

死因についての憶測まとめ

・自◯説

・や◯ざに消された説

・外◯を煽って消された説

・麻◯関連で消された説

車両が見つかっていないことと、元々の車のナンバーが偽造されたものだった可能性が高いなど、闇が深そうな事件ではないでしょうか。

まとめ

煽り運転は、昔から変わらずなかなか減らないですよね。

自動車は走る凶器に変わってしまうこともあるので、ドライバーは安全第一が最優先は当たり前です。

特に高速道路などでは、2次被害の可能性も高く動画を見ているだけでもヒヤヒヤしてしまいます。

煽り運転の容疑者の男性が亡くなってしまったことは本当に気の毒ですが、自分の行った過ちを認めて欲しかったですね。

以前にも煽り運転をした容疑者がドラレコをネットで拡散されたことが原因で自死されたこともありました。

今後、同じような事件が起こらないことを願います。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる