吉田拓郎の嫁、森下愛子が芸能界を引退した理由はうつ病だった!

シンガーソングライターの吉田拓郎さんが、年内で芸能活動を引退する意向を明らかにし話題になりました。

吉田拓郎さんの奥様は森下愛子さんですが、森下愛子さんも2020年に芸能界を既に引退されていたんですね。

森下愛子さんが芸能界を引退した理由はうつ病だったようです。

吉田拓郎さんが引退を決意したのも森下愛子さんを看病するためだとも言われています。

スポンサーリンク
目次

森下愛子プロフィール

本名:吉田佳代

生年月日」1958年4月8日

出生地:東京都武蔵野市

血液型:AB型

森下愛子さんは高校1年生の時に新宿でスカウトされモデルとしてデビューされました。

1986年に吉田拓郎さんと結婚されています。

森下愛子がうつ病になった原因は吉田拓郎が病気になったから?

吉田拓郎と結婚当初は喧嘩が絶えなかった

森下愛子さんは、吉田拓郎さんとは、17歳の歳の差結婚で吉田拓郎さんは3度目の結婚。

一方の森下愛子さんは初婚でした。

趣味も合わない、好みも合わないなどでかなり衝突していたようです。

そのうち、森下愛子さんは胃腸を崩し一時は体重が30キロ台まで減少し、1988年に芸能活動を休止しています。

そのころにうつ病を発症したのではと言われており、医療機関での治療も役に立たず、最終的には医師の勧めもあり、当時住んでいた逗子から東京に引っ越したそうです。

芸能界活動を休止している間は、怒ることも逃げることもせず真正面から受け止め続けたという吉田拓郎さんは、2000年に次のように語っています。

吉田拓郎さん

うちの奥さんがベストパートナーと思えた瞬間ってのは、もしかすると今かもしれない。
あの人がいないと困るね。
単純に愛妻家とか、そういうのじゃないんだけど。

吉田拓郎の病歴まとめ

吉田拓郎さんは、2003年に肺がんが見つかり、肺の1/3を切除。

2007年には更年期障害、ストレス、うつ病の入り口などをブログで告白。

2014年に喉の声帯部に白板症が見つかり、手術を受け調べたところ癌だったため放射線治療を受けています。

歌手にとって肺活量の低下や、喉頭部の病気は致命的ですよね。

それを支えたのが、森下愛子さんだったそうです。

吉田拓郎さん

多分、ぼくはその時、もう歌えない、というふうに何度も思いました。
うちのやつが、かみさんがですね、もくもくと日常生活を送りながら静かにぼくを支えてくれて、
「必ず完治するから。1日、1日だから」
と、ぼくを励ましてくれました。

吉田拓郎さん

痛みで食べ物がのどを通らないので、毎日おかゆを作ってくれて、苦闘の日々が続きました。

一度は芸能界に復帰したが事実上引退

1999年に芸能活動を再開させた森下愛子さんですが、2020年4月に公式ウェブサイトを閉鎖しており、翌年2021年4月9日放送のラジオ番組「吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD」で「1年前にリタイアを決断している」と吉田拓郎さんの口から報告されています。

吉田拓郎さんの病気のことがあり、自身のうつ病が再発した可能性は高いと思われます。

まとめ

夫婦揃って、病気を経験され支え支えられと相手の気持ちを汲み取れているのかもしれませんね。

若い頃は、吉田拓郎さんの浮気癖があり森下愛子さんと結婚当初も、略奪結婚と話題になったほどです。

吉田拓郎さんも年齢を重ねて、病気をし苦労したからこそ現在の関係性が維持できているのかもしれませんね。

お二人で終活も兼ねて晩年を楽しく幸せに過ごしてほしいと願います。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる