高瀬隼子は結婚して子供はいるの?夫との馴れ初めは?

第167回の芥川賞が発表され、高瀬隼子さんの「おいしいごはんが食べられますように」が選ばれました。

現在注目されている高瀬隼子さんは、34歳ですが気になるのは結婚しているのかですよね。

情報をまとめてみたので紹介します。

スポンサーリンク
目次

高瀬隼子プロフィール

生年月日:1988年生まれ

出身地:愛媛県新居浜市

最終学歴:立命館大学文学部(哲学専攻)

高瀬隼子さんの作家活動の原点は、立命館大学文学部と語っていることから、大学生活が充実していたと思われます。

大学卒業後も執筆活動を続けて、2019年に『犬のかたちをしているもの』で第43回すばる文学賞を受賞され作家デビューを果たしました。

高瀬隼子は結婚している!旦那は?馴れ初めは?子供は?

高瀬隼子さんのご主人についての情報は見つかりませんでしたが、2019年には夫がいることが知られています。

職業や馴れ初めについても情報は見つかりませんでした。

2019年にすばる文学賞を受賞した際に次のように語っていました。

応募締切間際になってなんとか書き上げたのですが、困ったことになりました。黒いひもがなかったのです。応募原稿を綴じるひもです。毎年やり方が分からず「小説 応募 原稿 綴じ方 ひも」で検索する、あの黒いひもです。

(中略)

黒いひもがない。ひもがないから応募ができない。応募するなってことだこれは。どうせまた落選するんだし……と半ば気持ちが折れていたその時「黒いひもあったよ!」と夫から電話がありました。自転車であちこち探しまわってくれていたのでした。最後の一個だったよ、と言っていたので、わたし以外にも黒いひもが入手できず苦しんだ方が大勢いたはずです。危ないところでした。

黒いひもをを探すために自転車であちこち探し回ってくれたご主人の人間性が垣間見れますね。

きっと、優しい方なのでしょうね。

今回の芥川賞受賞した際も「よかったね!よかったね!よかったね!」と涙ぐんだような声で答えられたと言われていました。

子供については、インタビューなどで情報がほとんど出てこなかったので、夫婦2人の生活を満喫されているのかもしれないですね。

今後、いろんな情報が出てくると思われるので注目していきたいと思います。

まとめ

高瀬隼子さんは、大学を卒業し教育関係の会社でジムをしながら、夜は執筆活動に励まれていた時期があり作家デビューまでに苦労されたようです。

2019年に作家デビューを果たしてから、執筆活動に励まれ今回の芥川賞受賞に繋がったと思われます。

本当におめでとうございます。

今後の活躍に期待しています。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる